広い家に住んでいて、部屋が余っているという家庭は少なくないでしょう。


子どもが成人して独立してしまえば、かつての子ども部屋は誰も使わなくなってしまいます。


また、近年は兄弟姉妹の数が減っているので、お盆やお正月などに泊りに来る親戚も少なくなりました。

ですが、そのまま部屋を使わないでおくのはとてももったいないですね。そこで、最近注目を集めているのが、Airbnbというスタイルです。

これは、現地の生活習慣を体験したい旅行者と、家の空き部屋を活用したいと考えているホストを結び付けるシステムです。


これならば、宿泊先を必要としている人に部屋を提供して、その対価として宿泊料をもらうことができます。家の再利用ができるので、今は世界中で人気が高まっています。


Airbnbの始め方はとても簡単です。


Airbnbを運営しているサイトに登録するだけで、誰でも気軽に始めることができます。


また、旅行者の身元確認などの手続きは運営サイトが行うので安心です。



Airbnbの利回りを感得てみる

「Airbnb」は海外旅行者に人気の高い宿泊サイトで、ホテルと違い、普通のマンションなどを宿泊施設として提供しているのが特徴です。

長期滞在利用者が多いという特徴があります。海外でも、東京は人気で、「Airbnb」のサイトでも上位に掲載されています。

その中でも渋谷は人気が高いようです。



「Airbnb」を利用した場合の利回りは、悪くありませんが、利益を上げていくためには、稼働率が75%以上を維持している必要があります。

地方都市だと難しくなりますが、東京のような人気の場所であれば、大きな収益を上げていくことも難しいことではありません。

賃貸で利益をあげるよりも、良い結果を得ることができるでしょう。



特に、円安効果もあって、最近は海外からの旅行者が急激に増加し、年間1000万人以上となっています。

この傾向はこれからもしばらく続くことを想定すると、高い利回りで利益を上げていくことができると考えて良いでしょう。




Airbnbって儲かるらしいけどどれくらい?



お小遣い稼ぎになるサービスとして密かに人気を集めているのがAirbnbですが、このサービスを利用する事で儲かるという話を聞いた事がある方も多い事でしょう。


気になるのがどの程度の利益になるのかという事ですが、月に30万円以上も稼げたという方もいれば、年間で200万円以上にもなったという方も存在するようです。


空いているお部屋を貸し、それで利益を得る事ができ、尚且つ金額的にもかなりの額になる可能性がある訳ですので、楽に稼ぎたいという方や空室を無駄なく利用したいという方に最適のサービスと言えるのではないでしょうか。


また、Airbnbを利用される方はどんどん増えているとも言われていますので、今後も伸びしろがあると言えます。


初めての方にはサポートのシステムもあるようですので初心者の方でも安心ですし、エリアによってはAirbnbに登録されている方が殆どいないという事ですので、そういったエリアに空室をお持ちの方はチャンスとも言えます。



物件選びが一番のキモ
旅先では、その地域の人々のライフスタイルを体験するのが楽しいという人は少なくありません。


名所旧跡を見て回るのも楽しいですが、それだけではその土地の本当の魅力にはなかなか気づかないものです。


その地域に暮らすように滞在することで、その場所の本当の良さが見えてくるものです。


しかし、ほとんどの旅行者は、現地の人に接する機会がありません。知り合うことができるのは、旅館やホテルのスタッフ、お土産物屋の店員、観光施設の職員など、観光業に従事しているプロの人ばかりです。


これでは、現地の生活を知ることはできません。


そのような場合におすすめなのが、Airbnbを活用することです。これならば、現地の人と同じライフスタイルが体験できます。


ここで肝心なのは、物件選びです。自分がどのようなことを体験したいのか、ということでAirbnbの活用法は変わってきます。


現地の普通の人の暮らしを体感したいのならば、普通の民家を選ぶようにしましょう。





保証金って必要なの?Airbnbとは
世界192カ国でホームステイができるAirbnbは、世界中に空き部屋などを持つ宿泊場所の提供者と宿泊場所を探している旅行者をつなぐ、インターネット上のプラットフォームで、目的地の都市名を入力すると、ゲストを迎え入れたいホストの物件写真と顔写真がずらりと並ぶシステムです。


物件は一軒家やアパートの空き部屋が多いのですが、城やツリーハウス、ボートに島と多彩で、面白い旅を見つけることができる可能性もあり、注目されてきています。



知らない人を泊めるAirbnbには、保証金、というシステムがあります。例えば、ゲストが椅子を壊してしまったり、赤ワインを絨毯にこぼしてクリーニングに出しても落ちないという時には、絨毯の写真をAirbnbに送れば、最高100万ドルまでの損害を補償するというシステムです。


保証金は、予期せぬ災難から守ってくれるもので、ホストは、予約手続きが行われる前に、貸し出す物件に補償金を追加しておくことで、ホストが補償金の請求を申請するとAirbnbが仲介に入り、必要に応じてゲストから支払いを回収するというものです。

 
 
撮影スタジオキャッシング車を高く売る悪玉コレステロール脱毛体験看護師転職 テクニック悪玉コレステロール浮気調査 料金カニ通販訳あり

Theme by HermesThemes

Copyright © 2017 Airbnbをはじめたい人へ. All Rights Reserved